金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

「個人不動産投資の虚構と現実」を視る

「個人不動産投資の虚構と現実」を視る

シェアハウス問題を発端に、サラリーマン向けアパートローンに対する銀行の融資姿勢が厳格化するなど、個人不動産投資は大きな岐路にあります。富裕層のアパートローンに加え、サラリーマンや公務員など個人投資家による、首都圏中古物件を対象とした、不動産投資の現状と今後の展望を紹介します。また、都内や地方の不動産動向や富裕層の投資動向も他業態の事例も踏まえながら分析し紹介します。

  • 講師高橋 克英
  • 日時2019年2月9日(土)14:00~17:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5400円(税込)
  • 単位3(不動産)
講師プロフィール

1993年慶應義塾大学経済学部卒、2000年青山学院大学大学院 国際政治経済学研究科 経済学修士。日本金融学会員。
株式会社マリブジャパン代表取締役。
三菱銀行、シティグループ証券、シティバンク等にて銀行クレジットアナリスト、富裕層向け資産運用アドバイザーとして活躍。2013年金融コンサルティング会社マリブジャパンを設立。

内容紹介

第1部 2020年東京五輪前にピークアウト?
 ・都心高級マンションの異変
 ・あなたが住む訳ではない
 ・地方の高い利回りには訳がある
 ・地価上昇率日本一(ニセコの光と影)
 ・人口減少イコール空室率増加なのか?
 ・金融庁の懸念は当っているのか?
第2部 サラリーマン大家は今でも可能なのか?
 ・シェアハウス問題後の世界
 ・銀行の融資姿勢アップデート
 ・「富裕層の投資」と「サラリーマンの投資」
 ・年収1,000万円+預貯金1,000万円
 ・物件よりも不動産会社・管理会社との出会い
 ・相見積はしない
 ・24時間365日対応できるのか否か
 ・空室リスク、滞納リスクへの対処

関連する書籍・情報

相続&不動産の税金に強くなるコース【3ヶ月コース】

相続&不動産の税金に強くなるコース【3ヶ月コース】

  • コース窓口・相談業務
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料13,390円(税込)
  • 教材テキスト2冊・別冊 (2ヶ月コースと同様)
  • 添削指導3回(第1回・第2回は2ヶ月コースと同様。第3回は総合問題)
  • 編集委員鈴木 高広((株)アウェイクコンサルティング 代表取締役 税理士)/鈴木 真紀(アウェイク総合会計事務所 代表 税理士)
相続&不動産の税金に強くなるコース【2ヶ月コース】

相続&不動産の税金に強くなるコース【2ヶ月コース】

  • コース窓口・相談業務
  • 受講期間2ヶ月
  • 受講料11,010円(税込)
  • 教材テキスト2冊 別冊「納税対策Q&A 不動産・相続編」
  • 添削指導2回
  • 編集委員鈴木 高広((株)アウェイクコンサルティング 代表取締役 税理士)/鈴木 真紀(アウェイク総合会計事務所 代表 税理士)