金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

チャートの見方(基礎の基礎)…ローソク足と移動平均線

チャートの見方(基礎の基礎)…ローソク足と移動平均線

  • 講師加藤 肇
  • 日時2019年9月26日(木)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5400円(税込)
  • 単位3(金融)
講師プロフィール

1978年 三井信託銀行入社
1999年 本店営業企画部
 以後、一貫して「投資信託販売」推進スペシャリストとして、商品企画・担当者教育・顧客向けセミナー講師を担当。
2014年 60歳で定年退職 フリー講師として活動開始
2017年 一般社団法人神奈川県ファイナンシャル・プランナーズ連合会 理事

内容紹介

1.相場(値段)はどう決まる?
2.ファンダメンタル分析とテクニカル分析
3.テクニカル分析は心理学(投資家心理を反映するもの)
4.テクニカル分析は過去・現在から未来を展望
5.テクニカル分析の手法
(1)ローソク足
・200年以上前に山形の米相場で財を成した
・本間宗久が考案したと伝えられる「ローソク足」
・今では世界の投資家たちの間で「ローソク足」は 共通用語。
・一日の取引の始値・高値・安値・終値を一つの図形に表わしたもの。
・様々なパターンの「ローソク足」に持つ意味を学びます。
(2)移動平均線
・日々線と5日・25日・75日の移動平均線を使って 相場の強弱を判断する方法を学びます。

関連する書籍・情報