金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

大統領選挙目前!米国経済・金融市場と今後~日本への影響も考察

大統領選挙目前!米国経済・金融市場と今後~日本への影響も考察

コロナショックを機に一変した米国のマクロ経済・株式市場。
世界の経済・金融を左右する一大イベント、米大統領選挙を目前に控え、改めて世界をリードする米国経済等の現況を確認し、さらに選挙後の世界の金融市場のシナリオについて考える。
また、アメリカの変化が日本に与える影響をも併せて考察する。
  • 講師梶井 広行
  • 日時2020年10月3日(土)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(金融)
講師プロフィール

三菱UFJ国際投信 元ファンドマネージャー
日本証券アナリスト協会検定会員
1965年生、慶応大学卒
JA共済(全共連)、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ国際投信にてファンドマネージャー、アナリストとして機関投資家の日本株運用に延べ26年携わる。
特に、2007年以降は、Jリート1000億超ファンドの責任者として2017年9月末まで10年間運用を担当し、複数の以下アワードを連続受賞。(国内REIT型 部門)
 ・モーニングスターアワード2014 最優秀ファンド賞
 ・モーニングスターアワード2012、2013 優秀ファンド賞
 ・R&Iファンド大賞 2012-2015 優秀ファンド賞受賞
2017年12月、退職。
2018年1月、投資教育の普及推進を目指すべく独立。
現在、日本証券新聞にて「Jリートは100年人生の支え」連載 (2019年4月から、初旬月1回)

内容紹介

1.米国景気ナウ コロナショックの影響
2.米国の金融政策の現状
3.米国の金融市場の実情
4.目前!大統領選挙の帰趨とそれを知るための社会的背景
5.世界経済の動きを左右する米国長期金利
6.選挙後のアメリカ、日本への影響

関連する書籍・情報