金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

これからの災害(含む新型コロナ対策)におけるFPの役割

これからの災害(含む新型コロナ対策)におけるFPの役割

 近年、大規模な災害が多発しています。
2018年は大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震。2019年は台風15号、19号による被害が記憶に新しいでしょう。
 また、2019年には新型コロナウイルスの感染拡大により、経済状況に大きな影響を与えました。
 このような自然災害やパンデミックを予防することはできず、個々人の力で対処すること、その後の被害を予測することも困難です。
 ただ、私たちFPの知識と知恵を使うことにより、日頃から災害等に備え、健全な家計を維持頂くことで、生活復旧までの期間を短期化することはできるでしょう。
今回の研修では、私たちFPが災害対応にて活かされる可能性について確認し、みなさんがFP資格を活かす良いヒントになれば…と感じています。
  • 講師佐藤 益弘
  • 日時2020年11月29日(日)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(倫理)
講師プロフィール

東洋精糖(株)の不動産部門にてマンション開発・販売統括・管理支援などの主任を務める中、
CFP®資格を取得。
2000年8月より独立系FPとして独立。
㈱住まいと保険と資産管理、㈱ユナイテッドファイナンシャルプランナーズ、オフィス秀梨&コンサルティングネットワークス㈱ 、以上、3つのFP関連会社の設立に参画。
数少ない 金融商品販売を伴わない コンサルティング業務をメインとした
~ 「お客様サイドのFP」 「教科書通り のFP」 として、活動して17年目。
現在、お客さまサイドに立ったシンの独立系実務家FPとして、そのネットワーク確立のため、
WEBサイト『マイアドバイザー』http://www.my-adviser.jp/ を運営、
法政大学(情報科学部)・産業能率大学兼任講師も勤める。

最近のご相談&FPサポートは、30~40歳代の方の住宅購入サポート、50歳代以降
の方のご自宅(中古住宅)の対処~買換えやリフォーム、賃貸物件への変更、
空き家対策などが中心である。


内容紹介

・FPの役割とは?
・歴史から学ぶパンデミック
・ライフプランと災害
・災害・パンデミックは究極のリスク!?
・どのように対応したら良いか?

関連する書籍・情報