金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

外貨建て投資、そのメリット・デメリット

外貨建て投資、そのメリット・デメリット

 経済のグローバル化に伴い、各国の景気の波の違いを活用した国際分散投資(外貨建て投資)が、資産の効率的運用の観点から求められている。また、人口減少社会で低経済成長率が見込まれる日本国内での資産運用は、資産の目減りを回避することは困難である。そのため、外貨建て投資の基本を、メリット・デメリットの両面から整理する。
  • 講師鯖田 豊則
  • 日時2021年4月25日(日)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(金融)
講師プロフィール

信託銀行・証券会社勤務を経て、東京国際大学商学部教授、公認会計士、CMA。

内容紹介

1.通貨および通貨制度の概要(主要通貨と新興国通貨)
2.貿易取引(実需取引)の通貨別シェア(高い信頼度の通貨)
3.ビッグマック指数と外国為替相場の関係(購買力平価)
4.投資の留意点(為替ヘッジの有無、各国の金融政策等)

関連する書籍・情報