金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

FPとして知っておきたい宗教法人の現状と相談ニーズ

FPとして知っておきたい宗教法人の現状と相談ニーズ

本セミナーでは、現役の寺院住職にしてCFP(R)認定者である講師が、自身の寺、および全国のさまざまな宗派の住職との交流の中で把握した宗教法人経営の現状と問題点、そして具体的な対応策をお話しします。  日本人の宗教離れが指摘され、寺院経営が危機を迎えていると言われている今、多くの住職は、自らが経営する宗教法人を維持・管理していくために、宗教の教義以上に、資産運用・税金・保険など、『お金に関して学ぶこと』の必要性を感じています。  しかし、何をどう、誰から学んだらよいのかが、わかっていません。有益な情報の提供から、徐々に心を解きほぐしていきましょう。その先には、ビジネスの光が見えてくるはずです。その第一歩となるお話をさせていただこうと思います。

  • 講師高橋 一晃
  • 日時2021年10月31日(日)14:00~17:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(倫理)
講師プロフィール

CFP(R)認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、真言宗僧侶
金融情報サービス会社で長年、FP向け情報提供サービス、公開株式の相続税評価額算定サービス等の企画・販売等に従事。現在は、寺の住職とFPを兼業し、葬儀・法事など宗教者としての檀信徒対応を行いながら、金融機関・生命保険会社・税理士等に対しては「宗教法人攻略のポイント」、一般生活者に対しては「葬儀・お墓を中心とした終活のポイント」、宗教法人経営者に対しては「住職が知っておきたいお金の話」等のテーマで講師・執筆活動を行っている。

内容紹介

1.宗教法人の現状
2.宗教法人の税務(法人税、個人所得税)
3.宗教法人経営者の退職金
4.宗教法人および宗教法人経営者の資産運用