金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

知っておきたい!「終活」を見据えた相続対策

知っておきたい!「終活」を見据えた相続対策

  • 講師明石 久美
  • 日時2022年1月10日(月)14:00~17:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(相続)
講師プロフィール

明石シニアコンサルティング 代表、明石行政書士事務所 代表。
相続・終活コンサルタント、特定行政書士、ファイナンシャルプランナー(CFP/1級)、葬祭アドバイザー、消費生活専門相談員(国家資格)、消費生活アドバイザー、筆跡アナリスト、ISD個性心理学インストラクター 他。

講師歴16年。終活対策も含めたセミナーや研修を全国で行っている。身内が葬儀社のため葬儀や墓などに詳しく、自身が相続実務を行っていることから、「相続や終活」に関する幅広い知識があるため、終活が話題になる前から携わっている。

相続専門の行政書士として、遺言書の作成、家族信託契約書の作成、おひとりさまや子のいない夫婦の準備対策、相続手続きなども行っている。

NHKあさイチ、 NHKラジオ・TBSラジオなどの出演、朝日新聞や全国農業新聞などへのコラム執筆、日経新聞、読売新聞、プレジデント、ハルメク、女性セブン、週刊現代など新聞・雑誌などへの情報提供や監修、金融機関や互助会(葬祭)向けの教材作成なども行っている。

著書として、
「障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること」(PHP研究所)
「読んで使えるあなたのエンディングノート」(水王舎)
「エンディング・アドバイス実践講座」(経済法令研究会) 他多数ある。

内容紹介

1.本人と家族の関わり
2.介護・認知症で子どもが抱えるかもしれない問題
3.供養に関して子どもが抱えるかもしれない問題
4.「葬儀」のために考えておきたいこと
5.お墓に関して(墓対策、墓や費用の種類)
6.相続などで子どもが抱えるかもしれない問題
7.死後にかかるお金や感謝の気持ちはどうするのか
8.遺言書を作成しておきたい人
9.遺言書の作成を検討する
10.家族信託も視野に入れる(活用するとよいケース・注意点)
11.おひとりさまが行っておきたい対策と確認事項
12.依頼を検討しておきたい委任契約と遺言書
13.活用等の福祉サービスや民間の見守りサービス
14.エンディングノートに情報を残しておく
15.相談事例はケースバイケース

関連する書籍・情報