金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

年末調整・確定申告に向けての所得税等対策と改正動向

年末調整・確定申告に向けての所得税等対策と改正動向

  • 講師益山 真一
  • 日時2022年10月16日(日)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(タックス)
講師プロフィール

1級FP技能士、CFP認定者、消費生活アドバイザー、マンション管理士、
ダイエット検定1級(プロフェッショナルアドバイザー)、食生活アドバイザー2級

平成5年に航空系商社に入社。 その後、平成10年にFP教育機関に転職し、FP講座の講師や教材作成等に従事。
平成13年よりフリーのFPとして活動を開始し14年目。
人生の3大資金である教育資金、住宅資金、老後資金を効率的に手当てし、人生を楽しむお金を生み出すことを目標として、講演・研修、執筆、相談業務を展開。
セミナー・研修・講義は平成26年2月末時点で累計2140回を超える。
「小学校の卒業文集でFPになりたい」と書いた長女を、約22時間の親子学習のみで、12歳3か月でFP試験に楽々一発合格に導くなど、分かりやすい講義に定評。

内容紹介

1.給与所得者の確定申告が必要なケースと勘違いが多い事例
2.給与所得者がしたほうがよいケースと勘違いが多い事例
3.所得金額調整控除、所得控除、税額控除、年末調整できる? できない?
4.証券口座、確定申告が必要? 不要?
5.確定申告の書式とe-Taxの利用
6.給与所得と社会保険料
7.給料をもらいながら、公的年金を受け取っている場合の所得税等、社会保険の注意点
8.給与所得控除とその活用(長く働く、共働き、給与+αの副業)
9.公的年金等控除の概要と活用法
(65歳前の公的年金等控除の活用、給与+年金で社会保険料の負担抑制)
10.所得控除
11.所得が高い人が効果的に活用
12.親の医療、介護の社会保険料は誰が払う?
13.節税効果を味方にしながら老後資金準備
14.医療費は現金払い?カード払い?
15.生命保険の見直しでちょっぴりお得(特約付加、更新等)
16.母の控除、ひと工夫で数万円の節税も
17.株の配当金や投資信託の分配金 
18.配当控除が有利? 申告分離課税が有利? 申告不要が有利?
19.災害で被害を受けた場合 災害減免法と雑損控除 どう違う?
20.ふるさと納税の基本的仕組みと控除額、手続の注意点

関連する書籍・情報