金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

超高齢社会日本の心配ごと解決の切り札「任意後見制度」の活用術

超高齢社会日本の心配ごと解決の切り札「任意後見制度」の活用術

  • 講師三輪 鉄郎
  • 日時2024年2月17日(土)14:00~17:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(相続)
講師プロフィール

三輪鉄郎 1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。
サラリーマン生活23年の後、欧州系銀行を退職して、ファイナンシャル・プランナー、行政書士として独立。資産運用やリタイア準備、相続、マイホーム購入などの個別相談に対応するかたわら、講演や新聞・雑誌への執筆も多数。成年後見制度に携わるNPO法人の役員も務める。
「高齢者取引と相続トラブル対策がよくわかるコース」(ビジネス教育出版社)編集委員。

内容紹介

1.成年後見制度へのニーズが高まっている背景とは

2.法定後見と任意後見の違いとは

3.「転ばぬ先の杖」として任意後見を選択するメリットとは

4.任意後見人が行う業務の内容とは

5.任意後見契約の「隙間」を埋める生前事務委任などの諸契約とは

関連する書籍・情報