金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

FP継続教育セミナー情報

双子障がい児の父が考える「障がい児家庭におけるFPの役割」

双子障がい児の父が考える「障がい児家庭におけるFPの役割」

  • 講師上田 健介
  • 日時2024年9月29日(日)10:00~13:00
  • 会場弊社セミナールーム [ アクセス ]
  • 受講料5500円(税込)
  • 単位3(相続)
講師プロフィール

 こうゆう行政書士事務所・不動産事務所代表。 CFP(R)認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、特定行政書士、宅地建物取引士。
学生時代からの夢であった北海道暮らしを実現するため、2008年春に兵庫県から北海道へ移住。民間企業で勤務していたが、双子が障がい児になったことをきっかけに退職し、2年間育児介護に専念。 ある日突然、障がい児の親となり、生活が激変した自分自身の経験から、高齢者や障がい者とその家族を支える仕事に就きたいとの思いを抱き、2016年開業。
「あと少し早く取り組んでいれば・・・」という方が1人でも少なくなることを願い、日々の相談・セミナー・執筆に取り組んでいる。

内容紹介

みなさんが障がい児を持つ家族からの相談を受ける機会は限られているかもしれません。
だからこそ、日頃から障がい児とその家族に焦点を当てたライフプランの立案方法やサポートのあり方について理解しておきたいものです。

双子障がい児の父として、障がい者・高齢者とその家族からのライフプラン相談、成年後見業務、死後事務委任業務などを通じて感じることをお話しします。

関連する書籍・情報

信託活用がよくわかる コース【3ヶ月コース】

信託活用がよくわかる コース【3ヶ月コース】

  • コース相談業務
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料12,540円(税込)
  • 教材テキスト2冊(2ヶ月コースと同様)
  • 添削指導3回(第1回・第2回は2ヶ月コースと同様。第3回は総合問題)
  • 編集委員東京国際大学教授  元住友信託銀行 鯖田 豊則