金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

書籍詳細

リスクベース・アプローチに基づく顧客管理を理解する マネロン対策ガイドラインの考え方・進め方
  • 判 型A5
  • ISBN978-4-8283-0712-1
  • ページ430ページ
  • 発 行2018年5月14日
  • 本体価格1500円+税

リスクベース・アプローチに基づく顧客管理を理解する マネロン対策ガイドラインの考え方・進め方

弁護士 香月裕爾 著

マネロン対策の実務対応。リスクベース・アプローチに基づく顧客管理を理解する

『マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン』の内容を読み解き、金融機関に対する影響とともに、金融機関の現場でどのような対応が必要となるのかを考える
  • 判 型A5
  • ISBN978-4-8283-0712-1
  • ページ430ページ
  • 発 行2018年5月14日
  • 本体価格1500円+税

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • bk1
  • ブックサービス
  • e-hon
  • honyaclub.com
  • kinokuniya
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • tsutaya

目次

序 マネロン・テロ資金供与対策の重要性を理解する

1 金融機関におけるマネロン・テロ資金供与対策の現状

2 なぜマネロン・テロ資金供与対策が必要なのか

3 ガイドライン制定の背景と金融庁の動き

4 犯罪収益移転防止法における特定事業者の義務

5 リスクベース・アプローチが求められるようになった理由

6 ガイドラインの構成等

 

Ⅰ ガイドラインの基本的考え方

1 マネロン・テロ資金供与対策にかかる基本的考え方

2 金融機関等に求められる取組み

3 業界団体や中央機関等の役割

4 ガイドラインの位置付けと監督上の対応

 

Ⅱ リスクベース・アプローチの意義と実践

1 リスクベース・アプローチの意義

2 リスクの特定・評価・低減

 

Ⅲ 管理態勢とその有効性の検証・見直し

1 マネロン・テロ資金供与対策にかかる方針・手続・計画等の策定・実施・検証・見直し(PDCA)

2 経営陣の関与・理解

3 経営管理(三つの防衛線等)

4 グループベースの管理態勢

5 職員の確保、育成等

関連する書籍・情報

取引時確認の実務がよくわかるコース【3ヶ月コース】

取引時確認の実務がよくわかるコース【3ヶ月コース】

  • コースリスク管理
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料10,380円(税込)
  • 教材テキスト2冊/別冊(基本解説編) (2ヶ月コースと同様)
  • 添削指導3回(第1回・第2回は2ヶ月コースと同様。第3回は総合問題)
  • 編集委員香月裕爾(弁護士)/細田恵子(㈱結コンサルティング代表取締役) 

ビジネス教育出版社へのアクセス

〒102-0074
東京都千代田区九段南4丁目
7番13号
Tel 03-3221-5361(代)
Fax 03-3222-7878


SSLとは?