金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

通信教育講座情報

経営指導者養成コース (社外役員・経営コンサル養成コース 改題)

営業・コンサルティング

地域経済と中小企業の発展を支援する経営指導者養成コース (社外役員・経営コンサル養成コース 改題)

中小企業の経営力を支援し 成長路線に乗せる経営指導力を培う

●地域経済の発展と中小企業経営者を支援できる意欲ある有能なマネジメント人材を育成する
●ワンマン経営者との円滑な人間関係や意思決定手法、監督を学び、企業の生産性向上、地域経済の活性化、社会貢献を図る
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料17,500円(税込)
  • 教材テキスト3冊
  • 添削指導3回
  • 編集委員中小企業診断士・経営コンサルタント 中村 中
  • 資料請求
  • 講座申込

内容紹介

1.中小企業を伸ばす内部統制と経営力、地域活性化の手法
❶経営の近代化
●取締役会の実情と利活用
❷内部統制の浸透
●コンプライアンス・ガバナンス(内部統制)の習得
❸経営者の経営力の拡充
●経営改善計画のポイント
❹経営知識やスキルの向上
●中小企業経営者に求められる広範囲の企業経営情報(+αの経営情報の把握)●地域連携情報と収集手法●業界情報の収集方法と活用
 
2.金融機関と対話できる融資スキルと金融知識の活用
❶金融機関の融資手法を活用した取引先企業の実態把握
●金融機関の融資実行と意思決定システム●金融機関の現在の融資決定システムと今後の融資決定のポイント
❷事業性評価融資
●金融庁の監査・検査は将来・実態・全体の視点を重視●金融機関が求める経営者の事業性評価融資の説明法
 
3.社外役員・経営コンサルタントの役割
❶ワンマン経営者との親密化策
●中小企業経営者との円滑な人間関係
❷経営者の意思決定支援と社外役員等の監督支援
●中小企業経営者の意思決定へのアドバイス●上場会社の取締役会の実態/取締役会の権限/決議事項の選定/決議事項審議での社外役員・経営コンサルタントの重要な視点/報告事項審議での社外役員・経営コンサルタントの重要な視点●指名委員会・報酬委員会と指名委員会等設置会社●監査役・監査役会と監査役会設置会社・監査等委員会設置会社・監査委員会等設置会社●株主総会●中小企業取締役会の充実と社外役員等関係者のリスク管理●事例で見る中小企業の取締役会と内部統制システムの導入
❸主な経営学フレームワークの利活用

関連する書籍・情報