金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

書籍詳細

実践[融資力]融資判断のための会計トレーニング(インターネット無料講義付き)
  • 判 型A5判
  • ISBN978-4-8283-0233-1
  • ページ240ページ
  • 発 行2008年7月25日
  • 本体価格2000円+税

実践[融資力]融資判断のための会計トレーニング(インターネット無料講義付き)

山田ビジネスコンサルティング株式会社 編

『[融資力]5分間トレーニングブック』に続く[融資力]シリーズの続編!

●キャッシュ・フローを切り口にして企業の将来を見通す力が身につく
●企業のコスト構造・事業計画等が分析できるようになる
●各章末に練習問題を収録

  • 判 型A5判
  • ISBN978-4-8283-0233-1
  • ページ240ページ
  • 発 行2008年7月25日
  • 本体価格2000円+税

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • bk1
  • ブックサービス
  • e-hon
  • honyaclub.com
  • kinokuniya
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • tsutaya

目次

序章 管理会計を武器として融資力を向上させよう
①「融資力」とは何か
②「融資力」を身につける
③決算書だけで融資判断はできるのか?
④管理会計とは何か、なぜ必要か
⑤本書の構成
⑥ワンランク上の融資担当者を目指して

第1章 キャッシュ・フローこそ融資判断のポイント
1 利益とキャッシュの違いを理解しよう
2 企業の目的は利益かキャッシュ・フローか
3 キャッシュ・フローを定義する
4 融資とキャッシュ・フロー
5 キャッシュ・フロー計算書を理解しよう
6 融資推進とキャッシュ・フロー
7 キャッシュ・フローの改善を融資先企業にアドバイスする

EXERCISE 練習問題

第2章 資金繰りと融資判断
1 資金繰りとは?
2 資金繰りを把握するためのツール
3 B/Sの変化に着目する
4 資金繰り表で収支を管理する
5 資金運用表で資金の調達・運用を把握する
6 資金移動表で収支を把握する
7 資金繰り改善のポイント

EXERCISE 練習問題

第3章 企業のコスト改善を把握する
1 コスト構造はCVP分析で把握する
2 CVP分析とは?
3 損益分岐点分析で何がわかるのか?
4 損益分岐点を実際に算出してみよう
5 コストを固定費と変動費に分類する
―固変分解の実務的な手法
6 目標達成点売上高
7 CVP分析を通じてコスト構造を理解する

EXERCISE 練習問題

第4章 事業計画の確度を検証する
1 融資判断に必要な資料とは?
2 事業計画とは?
3 事業計画の本来の役割
4 事業計画の作成
5 事業計画の管理
6 事業計画の単位

EXERCISE 練習問題

第5章 設備投資計画を検証する
1 融資推進のチャンスと貸し倒れリスク
2 融資判断の3つのポイント
3 「資金の必要性」を検証する
4 「資金使途(支払先と時期)」を検証する
5 「償還財源」を検証する
6 応用編・管理会計における投資の意思決定

EXERCISE 練習問題

付:序章で紹介した事例を解決するためのヒント
参考文献
索引

COLUMN
CVP分析の限界
CVP分析を使った予算設定への応用
従業員が事業計画を目標とするために
P/LだけでなくB/Sも考える
M&Aでのアドバイス
「本業との関連性」「経営統合」「社長の陣頭指揮」がポイント
モノに置き換えて考える
業種の特徴を押さえる

関連する書籍・情報