金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

通信教育講座情報

世界最強の現場力を学ぶコース

営業・コンサルティング

<デジタル教科書付>トヨタ式 PDCA世界最強の現場力を学ぶコース

口先だけの経営を改善する!時価総額23兆円超え のトヨタが回す世界最強のPDCAサイクルを理解する

●「PDCA が回せればどんな会社でも経営できる」奥田碩
●圧倒的実行力を武器にするトヨタの考え方を吸収する
●コンサルティング業務の武器になる PDCA を身に付ける

【デジタル教科書とは?】
 テキスト全ページの PDF です(検索機能付)。当社ホームページ上の “通信教育講座 ON LINE”の中で、受講期間中、閲覧することができます。
  • 受講期間2ヶ月
  • 受講料6,600円(税込)
  • 教材テキスト1冊
  • 添削指導2回
  • 編集委員桑原晃弥
  • 資料請求
  • 講座申込

内容紹介

序章 PDCA サイクルをいかに速く回すかが勝敗を決める
● 求められるのは「考えたことをどれだけ実行するか」
である
●素早い「修正力」で差をつけろ
❶なぜトヨタ式は計画P に時間をかけるのか
●問題を前に「なぜ」を5回繰り返せ
●真因を潰してこそ問題の解決ができる
●「真因」はこう探せ
●目的は1つだが手段はいくつもある
● 計画には「誰が」「何を」「いつまでに」が欠かせない 他

❷実行D こそがPDCA のエンジンである
●小さく始めて大きく育てろ
● 100 点を目指すな、60 点でいいと考えろ
●景気のいい時にこそ実行しよう
●自ら動け。必要なのは診断士ではなく治療士だ
●「やる」ではなく「やりきる」を徹底しよう 他

❸評価C の基本が現地現物と微調整にあり
●こまめに改善を繰り返せ
●計画は大事だが、柔軟性も欠かせない
●報告に頼るな、自分の目で確かめろ
●失敗したからと安易に「元に戻す」な
●改善の結果は日々数字で表そう 他

❹知恵をつけてさらなる改善A を
●「いい方法」が通用しなくなったらどうするか?
●1つの成果を全体の成果に。ヨコテンしよう
●一人の100 歩より100 人が1 歩ずつ
●「 成果が出た」で満足するな、「その先」が勝負である 

関連する書籍・情報