金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

書籍詳細

証券アナリストのための数学入門
  • 判 型A5判
  • ISBN978-4-8283-0085-6
  • ページ224ページ
  • 発 行2005年6月19日
  • 本体価格1800円+税

証券アナリストのための数学入門

小峰 みどり 著

証券分析を理解するために必要な数学的手法や専門用語をやさしく解説。例題を解きながら理解を深めていく「ステップ・バイ・ステップ方式」で数学アレルギーは解消!
  • 判 型A5判
  • ISBN978-4-8283-0085-6
  • ページ224ページ
  • 発 行2005年6月19日
  • 本体価格1800円+税

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • bk1
  • ブックサービス
  • e-hon
  • honyaclub.com
  • kinokuniya
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • tsutaya

目次

PART1 投資の収益と収益率

1 収益率とは何か2 株式の収益率3 債券の収益率4 期間当たり収益率
5 多期間投資した場合の平均収益率6 複利と再投資期間の長さ 7 連続複利

PART2 市場収益率と株価指標

1 さまざまな市場収益率2 TOPIX3 日経平均株価4 JSRI株価指数

PART3 現在価値と将来価値

1 投資の決定と現在価値2 お金の時間価値3 いろいろな割引率4 投資価値
5 支払いまでの期間の長い投資の現在価値6 収入が複数回あるケース
7 収入が無限に続くケース8 株式の現在価値9 債券の現在価値
10 イミュニゼーション、デュレーション、ボンド・コンベックシティ
11 スポット・レートとフォワード・レート 12 収入が頻繁にあるケース13 投資資金が追加される場合

PART4 内部収益率と債券の利回り

1 内部収益率とは何か2 キャッシュ・インフローが1回の場合の内部収益率
3 キャッシュ・インフローが複数回ある場合の内部収益率 4 割引債の利回り.5 利付債の利回り(クーポンの支払いが年1回のケース)
6 利付債の利回り(クーポンの支払いが年2回以上のケース)
7 利回りの期間構造と利子率の期間構造

PART5 投資の期待収益とリスク

1 将来の収益率と分布型2 分布とは何か3 期待収益率4 リスク尺度としての分散
5 正規分布6 現実の収益率分布7 現実のデータから標本平均を求める
8 現実のデータから標本分散を求める

PART6 ポートフォリオの期待収益率と分散

1 2つの証券で構成されるポートフォリオの収益率
2 2つの証券で構成されるポートフォリオの期待収益率
3 3つ以上の証券で構成されるポートフォリオの収益率と期待収益率
4 2つの証券で構成されるポートフォリオの分散と標準偏差
5 3つ以上の証券で構成されるポートフォリオの分散と共分散
6 証券数とポートフォリオのリスク

PART7 回帰モデルと最小2乗法

1 微分とは2 高次の導関数3 偏微分とは4 極小値と極大値
5 回帰モデル6 最小2乗法7 マーケット・モデル

関連する書籍・情報

ビジネス教育出版社へのアクセス

〒102-0074
東京都千代田区九段南4丁目
7番13号
Tel 03-3221-5361(代)
Fax 03-3222-7878


SSLとは?