金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

暮らしとおかね

オンライン書店で購入する

暮らしまわりの
お金の「はてな?」に答えます

お金を貯めたい、できれば増やしたい。でも知識も情報もなくて何から始めればいいかわからない。投資するのもなんだか怖い。

「暮らしとおかね」は、そんなあなたの人生とお金に寄り添い、様々な角度から実りあるライフプランやライフスタイルを提供する「マジメ」なお金の専門誌です。これから資産形成を始めるファミリー層に、暮らしまわりの最新金融情報を、わかりやすく解説します。

最新号のコンテンツ

プロローグ1
あなたの家族は大丈夫?
認知症の前兆はもう始まっているかも
プロローグ2
認知症の被相続人・
相続人がいるとどうなる
第1部
認知症700万人時代の相続の基本と対応策
  • 1.認知症の相続人がいるとぐ~んと上がる相続のハードル
  • 2.認知症の相続人がいるとできない手続き・できる手続き
  • [お金編] 本人のために使うのに預貯金を下ろせないなんて!
  • [不動産編] 所有者に認知症の人がいると、共有名義の土地が売却できない?
  • [遺産分割編] 父の介護もしなかった妹に法定相続どおりに渡すなんて
  • 3.認知症になったら利用を考える「成年後見制度」
  • 4.認知症700万人時代の相続対応策・家族信託とは
  • 5.明日は我が身 認知症に備える「終活3点セット」
第2部
これだけある!金融機関によるサポート ~FPが中立的視点で紹介・解説~
  • 1.高齢者への金融サポート
  • 2.自身の生活のための財産管理
  • 3.家族や社会のための財産管理①-暦年贈与非課税枠の活用
  • 4.家族や社会のための財産管理②-教育資金、結婚・子育て資金贈与の非課税制度を活用した商品
  • 5.家族や社会のための財産管理③-その他のニーズに応える金融商品
  • 6.認知症になってしまってから活用できる金融商品・サービス
  • 7.さまざまなサービスを組み合わせた金融商品
  • 8.高齢者サポートについて城南信用金庫に聞いてみました!
オンライン書店で購入する