金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

書籍詳細

The American Trapアメリカン・トラップ―アメリカが仕掛ける巧妙な経済戦争を暴く(原題『Le Piège Américain』)
  • 判 型四六
  • ISBN978-4-8283-0769-5
  • ページ452ページ
  • 発 行2020年2月20日
  • 定価2800円+税

The American Trapアメリカン・トラップ―アメリカが仕掛ける巧妙な経済戦争を暴く(原題『Le Piège Américain』)

フレデリック・ピエルッチ、マチュー・アロン/共著  荷見明子/監訳  浦崎直樹、小金輝彦、宮嶋聡/訳 

フランスで発売されるや否や大反響を呼んだベストセラー書。寺島 実郎 氏 推薦! 

エネルギー分野で世界四大企業の一つとされる仏・アルストムの元取締役、フレデリック・ピエルッチ氏が、出張で訪れたアメリカで突然逮捕された。アルストムのエネルギー部門が米GEへ売却されたその裏で何が起こっていたのか。経済活動が企業間の競争から、司法をも巻き込んだ国家ぐるみの経済戦争になっている恐ろしさを、身をもって経験したピエルッチ氏本人が告発する。ビジネスに関わる人すべてに読んでほしい本。
  • 判 型四六
  • ISBN978-4-8283-0769-5
  • ページ452ページ
  • 発 行2020年2月20日
  • 定価2800円+税

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • bk1
  • e-hon
  • honyaclub.com
  • kinokuniya
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • tsutaya

電子書店で購入

  • amazon.co.jp
  • honto
  • 楽天Kobo

目次

1 衝撃-JFK空港で逮捕!/ 2 米国司法省検事
3 初めての審理 /4 ワイアット拘置所-監房内のルール
5 回想-アルストム退社を考えていた頃 /6 弁護士との通話
7 移送されるはずなのに…忘れられた!/8 傲岸不遜な弁護士スタン
9 妻クララ /10 第2回保釈審理 /11 懲役125年!/ 12 62ページにおよぶ起訴状
13 人はなんにでも慣れる-刑務所にさえ /14 家族だけが味方
15 ワイアットで知ったアメリカの司法 /16 私の<量刑ガイドライン>
17 A区画-所内のボスとの対面 /18 アルストムに見放される
19 ふたたびニューヘイブンの裁判所へ /20 <証拠>
21 検事の取調べ /22 FCPA(海外腐敗行為防止法)
23 有罪答弁 /24 クララとの面会
25 職務放棄を理由に解雇!?/ 26 6か月後 27 家族の動き
28 新しい仕事 /29 2014年4月24日の報道
30 スタンとの真実の瞬間 /31ゼネラル・エレクトリック寓話
32 苦い勝利 /33 自由に向かって /34 自由!
35 フランスへの帰国 /36マチュー・アロンとの出会い
37 話すか、沈黙するか /38荒れる株主総会
39 司法省の会見 /40 アルストム、有罪を認める
41 パトリック・クロン、国民議会に召喚 /42 アルストム売却へ最後の障壁
43 労働裁判所での闘い /44 耐えがたい脅し
45 判決のとき /46 新たな別れ
47 モシャノンバレー-新たな入所先 /48 暴力と密売
49 議会の調査 /50 マクロンの訪米 /51 自由への長い旅
あとがき/訳者あとがき/付録

関連する書籍・情報