金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

通信教育講座情報

はじめての投信セールスコース

預り資産

金融所得課税の一体化、マイナンバー対応はじめての投信セールスコース

トラブルのない投信セールスの基礎を築く!

●投信の商品特性を基礎から理解し、セールスする際のトラブルを防ぐ上手な説明や高齢者取引ルール等のコンプライアンスからアフターフォローまで学ぶ
●ジュニアNISA、金融所得課税の一体化、マイナンバーなど、新制度に対応

<*日本FP協会継続教育(金融) AFP;7.5単位 CFP;11単位>
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料10,800円(税込)
  • 教材テキスト3冊
  • 添削指導通常添削3回
  • 編集委員㈱フィナンシャル・ラボ  代表取締役社長  橋本 正明/㈱フィナンシャル・ラボ  エグゼクティブマネジャー  梶川真理子
  • 資料請求
  • 講座申込

内容紹介

1 投信セールスの基礎
❶投資信託のしくみ
●投資信託の特徴(関係者/預貯金との違い/魅力)●投資信託の種類(契約型投資信託と会社型投資信託/委託者指図型投資信託と委託者非指図型投資信託/公募と私募/追加型と単位型/株式投資信託と公社債投資信託)●投資信託の運用手法(パッシブ運用とアクティブ運用)●投資信託のリスク(リスクとリターンの関係/価格変動リスク/為替変動リスク/信用リスク/流動性リスク/リスクの軽減)●投資信託の費用(購入時/保有時/換金時/税金)●収益分配金のしくみ(基準価額との関係/収益分配/分配金受取りと再投資/説明義務)●投資信託の商品知識(インデックスファンド/ブルベアファンド/通貨選択型投資信託/ETF/MMF)●投資信託振替制度
❷ NISA(少額投資非課税制度)
● NISAとは(導入の背景/概要/口座の開設/非課税管理勘定と勘定設定期間/金融機関の変更/留意点)●ジュニアNISAとは(概要/未成年者口座/課税未成年者口座/払出制限/払出制限期間内に払出した場合/NISA口座への移管/留意事項)
 
2 投信セールスと業務知識
❶コンプライアンス
●コンプライアンスとは●自己責任原則と適合性の原則●説明義務(金融商品取引法・金融商品販売法・乗換勧誘時における説明義務/わかりやすい説明/記録の必要性)●高齢者取引のルール(高齢顧客への勧誘による販売に係るガイドラインの概要/高齢顧客の定義/勧誘可能商品と勧誘留意商品/勧誘に係る役席者の事前承認/翌日以降の受注/役席者による受注・約定後の連絡/高齢者取引ルールとインターネット取引)●広告規制(広告等とは/金融商品取引法における規制/日本証券業協会における広告等の規制)●その他禁止行為等(虚偽告知等の禁止/断定的判断の提供による勧誘の禁止等/損失補てん等の禁止/優越的地位の濫用の禁止等/勧誘開始基準)
❷個人情報の保護
●個人情報とは(利用目的の特定・公表/漏えい)●マイナンバー制度(通知カードと個人番号カード/投資信託業務とマイナンバー)
❸投資信託に係る税制
●国内公募株式投資信託に係る税制●国内公募公社債投資信託に係る税制●損益通算●確定申告●特定口座
 
3 セールス話法とクレーム事例
❶お客様の投資信託申込みのきっかけ
●投資信託申込みのきっかけ●断られやすい声かけ●お客様のニーズ
❷NISAをきっかけとしたニーズ喚起
●年代別の利用状況●積立投信●ライフプランと投資信託
❸目論見書等の活用
●目論見書●運用レポート●商品説明の事例
❹よくある間違った説明
●商品に係る間違った説明例●費用に係る間違った説明例●税金に係る間違った説明例
❺クロージング
●提案商品の確認●法令遵守の確認●お客様の理解を確認
❻アフターフォロー
●アフターフォローの必要性●高齢者に対するアフターフォローの留意点
❼クレーム事例
●金融ADR●あっせん事例

関連する書籍・情報

金融商品税制がわかればリテール営業が面白くなるコース【3ヶ月コース】

金融商品税制がわかればリテール営業が面白くなるコース【3ヶ月コース】

  • コース預り資産
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料11,820円(税込)
  • 教材テキスト2冊 (2ヶ月コースと同様)
  • 添削指導3回(第1回・第2回は2ヶ月コースと同様。第3回は総合問題)
  • 編集委員橋本正明(㈱フィナンシャル・ラボ代表取締役社長)/梶川真理子(㈱フィナンシャル・ラボ エグゼクティブマネジャー)

ビジネス教育出版社へのアクセス

〒102-0074
東京都千代田区九段南4丁目
7番13号
Tel 03-3221-5361(代)
Fax 03-3222-7878


SSLとは?