金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

通信教育講座情報

投信・外貨・保険セールスに強くなるコース【2ヶ月コース】

預り資産

<デジタル教科書付>投信・外貨・保険セールスに強くなるコース【2ヶ月コース】

セールスアプローチからアフターフォローまで実務に役立つセールストークを満載!

●投資信託、外貨建て金融商品などの価格変動商品および第3分野保険商品のセールスで、最大のポイントとなる「コンプライアンスを押さえた話法」、「お客さまのニーズを引き出す話法」について、具体的な場面を想定し、わかりやすく解説
●自信を持ってお客さまの疑問・不安にお応えし、セールスすることができる知識・ノウハウが身につきます

<*日本FP協会継続教育(金融) AFP;7.5単位 CFP;10単位>

【デジタル教科書とは?】
 テキスト全ページの PDF です(検索機能付)。当社ホームページ上の “通信教育講座 ON LINE”の中で、受講期間中、閲覧することができます。
  • 受講期間2ヶ月
  • 受講料9,520円(税込)
  • 教材テキスト2冊
  • 添削指導2回
  • 監修木内清章
  • 編集委員預り資産研究会
  • 資料請求
  • 講座申込

内容紹介

1 価格変動商品のセールスに対する心構え

❶お客さまの資産運用に対する認識度
●価格変動商品購入のきっかけ●価格変動商品の購入層●高齢者取引におけるポイント
❷価格変動商品のセールスはこうすればうまくいく!
●顧客ニーズを把握していますか?●セールスとはお客さまを知ること●お客さまの投資に対する考え方●投資の考
え方(トータルリターン)●定期預金から離れないトーク●商品を複数提示して、資産運用を提案しましょう
❸セールスのきっかけをつくろう!
●顧客ニーズを引き出す会話の糸口●きっかけ作りのトーク事例●保険商品のきっかけをつくる●アフターフォロー
も忘れずに●NISAのアフターフォロー
❹お客さまの疑問・不安あれこれ
−さまざまなお客さまの質問に対する応酬話法を解説
〈例〉●貯金しておけば大丈夫?●いつ買えばいいの?●余裕資金なんてない●値段の上がっているのがよい商品?
●投信の収益分配金って毎回同金額?●年金の準備はまだ早い?●為替ヘッジって何?●投資の失敗経験●預金と投
信、保険のバランスは?
❺顧客別のセールストーク
投資信託編/外貨預金編/貯蓄性保険編
❻個人型DC(iDeCo)
●個人型 DC とは●年代別セールストーク

2 商品別・客層別のセールストーク
〈投資信託編〉
❶商品タイプ別のセールストーク
❷基本をおさえる!投資信託の税制
❸NISAのしくみとセールストーク
❹ジュニアNISAのポイント
 
〈外貨預金編〉
❺お客さまの疑問・不安あれこれ
 
〈貯蓄性保険編〉
❻定額年金保険(外貨型)のポイントなど
❼基本をおさえる!年金保険の税制
❽一時払い終身保険のポイント
 
〈保障性保険編〉
❾医療保険&がん保険のポイント
❿ケース別・セールス話法例
付録:ライフプラン作成のための各係数表

関連する書籍・情報

はじめての投信セールスコース

はじめての投信セールスコース

  • コース預り資産
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料11,220円(税込)
  • 教材テキスト3冊
  • 添削指導通常添削3回
  • 編集委員㈱フィナンシャル・ラボ  代表取締役社長  橋本 正明/㈱フィナンシャル・ラボ 取締役 研修担当 梶川真理子