金融業界でグローバルに活躍できる人材を養成 ビジネス教育出版社

通信教育講座情報

融資債権回収コース

融資/審査

融資債権回収コース

融資債権の保全と回収のポイントを身につける

●企業の倒産兆候の早期発見から、倒産直後の融資債権保全の対策、回収までに必要な知識と実務を、はじめて融資業務に携わる人にも理解しやすいよう、やさしく解説
●すぐに役立つ図表・書式例を随所にまじえた実践主体の編集

<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
  • 受講期間3ヶ月
  • 受講料14,040円(税込)
  • 教材テキスト3冊
  • 添削指導3回
  • 編集委員大平 正(太平金融法務研究所代表) ほか第一線銀行実務家
  • 資料請求
  • 講座申込

内容紹介

1 倒産予知と対策
❶倒産とその兆候のつかみかた
●企業の倒産と早期発見の重要性●倒産兆候の早期発見方法●倒産までのプロセスとその兆候●倒産兆候が発見された場合の対応策
❷回収のための準備
●預金の調査●融資債権を調査する●担保の調査●不動産担保の調査●火災保険の調査●その他の担保の確認●保証人の調査
 
2 倒産判明後の実務(Ⅰ)任意回収のしかた
❶督促とその諸手続
●任意回収とその諸方法●督促の手続●諸通知書の発送
❷相殺による回収
●相殺の基礎知識と留意点●相殺の具体的な方法●逆相殺の留意点
❸弁済と特殊な回収法
●弁済による回収の留意点●手形債務者等からの回収●特殊な回収
 
3 倒産判明後の実務(Ⅱ)強制回収と整理
❶強制回収の実務
●仮差押え●担保不動産競売●抵当権に基づく物上代位
❷強制執行の諸方法
●支払督促と強制執行●不動産・動産・債権に対する強制執行
❸私的整理と法的整理
●私的整理の留意点●法的整理の留意点●破産手続●特別清算手続●民事再生手続●会社更生手続
❹自己査定と債権償却
●自己査定と債務者区分●不良債権の開示●債権償却

関連する書籍・情報

ビジネス教育出版社へのアクセス

〒102-0074
東京都千代田区九段南4丁目
7番13号
Tel 03-3221-5361(代)
Fax 03-3222-7878


SSLとは?